完全独立タイプの二世帯住宅

夫婦のどちらか、もしくは両方の親と一緒に暮らすための家を造る場合、最低限知っておいた方が良いことがあります。中でもどのような二世帯住宅にするのかを決めておくことは重要です。まず完全独立型の二世帯住宅についてですが、お互いのプライバシーを大切にしたいならこのタイプを選ぶと良いでしょう。

文字通りトイレやお風呂場、玄関などが完全にわかれています。しかし同じ敷地内に住んでいるため、何かしらのトラブルがあった際にはすぐに駆けつけられます。その反面、互いの生活空間に足を踏み入れない限りは、顔を合わせる必要がありません。夫婦と親の住居を一階と二階にわけるという方法が一般的です。ただしその場合は階段を登るのが大変、あるいは子供の足音が気になるなら、建物を左右にわけるというやり方があります。

それ以外の二世帯住宅

完全独立型の他にも、一部共有タイプと呼ばれる二世帯住宅があります。これはトイレとお風呂、もしくはキッチンだけといった具合に、特定の設備だけ夫婦と親で共有するというものです。メリットはすべての設備を二つ揃える必要がないので、完全独立型に比べて建築費が安くすむことです。夫婦は朝にお風呂を使い親は夜に入るなど、互いのライフスタイルが噛み合えばプライバシーを保つのはそれほど難しくはありません。

さらに費用を抑えたいなら、融合タイプが良いでしょう。こちらは二世帯住宅というよりも、一般的な一軒家に近いです。個室以外はすべて共有することになります。そして融合タイプの二世帯住宅の場合は、水道やガスや電気のメーターが一つになります。そこでどちらがいくら支払うのかを事前に決めておくと、余計なトラブルを招かなくてすみます。

二世帯住宅のいいところといえば、介護や育児の面です。自分の親、パートナーの親がもし介護が必要になった場合でも、転居の必要もありません。子どもが急に熱を出してお迎えが必要になっても看てくれる人がいます。