将来にわたって資産価値が下がりにくいところ

住宅の購入を考えるとき、一戸建てか分譲マンションかがあるかもしれません。一戸建ては土地と一緒に買えば将来的に土地は資産として残せますが建物はどんどん価値がなくなります。一方マンションは土地の部分の価値は少ないものの、建物部分の耐用年数が長くて価値が残りやすくなります。資産として残しながら住もうとするのであれば、将来的に資産価値が下がりにくいかどうかを考えた方が良いかもしれません。マンションを購入するときは子供などもいて広めの物件を希望したりしますが、将来子供が独立すれば広すぎるからと別の住まいを探すときもあります。資産価値が下がりにくい所なら高く売れやすくなり、住み替えがしやすくなるメリットがあるでしょう。

共用設備に無駄がないところ

分譲マンションには共用設備があり、共用設備の維持費や管理費は住人の共益費で賄われます。たとえその共用設備を使っていなくても一定の負担をしなければならないので、無駄に共用設備があるマンションを選ぶと無駄な共益費を払う可能性があるでしょう。一般的な物件だとエントランスやエレベーター、その他階段などが共用設備になり負担額もそれほど高くなりません。一方グレードの高くなるマンションだと住人が使えるゲストハウスや健康設備などが建物内に併設されていて、それらを利用する人にとっては生活が豊かになるときもあります。小さい子供がいると保育施設があるのも便利に感じますが、利用しなくなれば無駄になるのも考えないといけないでしょう。

小牧のマンションは様々で、条件や築年数など物件により異なります。契約する前に不動産情報をきちんと調べておくとトラブルを回避できます。